株も投信もやらない、投資はFXだけ。

私は株式投資や、投資信託は一切やったことはなく、投資経験はFXのみです。
FXしか投資をしたことがありません。

なぜ、株式投資や投資信託を一切やったことがないかといいますと、どの銘柄に投資をしたら良いかがよく分からなかったからです。
株式も投資信託もやってみようと勉強をしたことがあるのですが、結局、どの銘柄が良いかはどれだけ情報を集めることができたか、どれだけその情報を分析することができたかに勝敗が懸かっていると思ったのです。

それに対して、FXはもっと大局的視点から考えることが出来るように思いました。
為替の世界は世界中の様々な要素によって変動すると思いますが、行き着くところ、それぞれの国の経済力、国力が為替に現れているのではないかと思うのです。

例えば、株式投資で、これからはコンビニ業界だ、と思ってもセブンイレブンを選ぶのかローソンを選ぶのかで結果が変わってくるように思いますが、FXでしたら、これからはアメリカだ、と考えれば米ドルを買えば良いのでシンプルだと思います。

複雑なものに手を出すよりも、単純シンプルなもので長期的にしょうぶをしていきたいなと思います。
だから私はFX投資で資産を増やしていこうと考えて実践しています。

FXと株を天秤にかけると

FXの最大の特典はレバレッジです。
最大レバレッジで勝負して、見事成功すれば大金を手にすることが出来ます。
統計的に見て昔よりも今のほうがFXをする人は増えてきています。

それも、年々増加傾向にあります。特に、アベノミクスによる円安が進んだ辺りから爆発的に増えてきました。
私は、その前から始めていました。FXを経験する人の中には株もやっている人がいます。
株を経験されて、FXのレバレッジに魅力を感じて始められる人も多いみたいです。
天秤であらわすと、FXと株ではFXが重くて下がります。株は軽いので上にきています。
本当にイメージとしてはそんな感じです。レバレッジというのは上手に使えば最大の武器です。
しかし、下手をすると大切なお金を滅ぼします。天秤で表現した重いというのは、いろんなものが含まれています。
株より、たくさんのお金を動かせる分、責任は自分にかかってきます。重圧ものしかかります。
レバレッジをかけるほど体は重くなります。FXってハイレバレッジになるほど気持ちが重くなっていくなぁと思います。

FXでは分析だけでなく感情も重要

初心者のころからFXでは手法探しに力を入れてきてたくさんのやり方を試しながら今の手法に落ち着いてきたのですが、勝つにはテクニカル分析を使いこなすことは前提として更に感情のコントロールが重要だということを取引していると感じてしまいます。

どんなに良い手法があっても結局それを使って勝つか負けるかということはその人次第という部分が大きいと思いますし、それに気づいた今ではFXで勝つ要素に手法が占めるウェイトは少ないと考えるようになったくらいです。

そんなことがあってから私は手法探しをやめてブレイクアウト系の簡単な手法に回帰して毎日取引しているけれど、感情に支配されずに勝敗を気にせず淡々と取引をしているときは大抵利益が上回る結果で一日のトレードを終えることができます。

逆に突発的な動きがあってパソコンの前でオロオロしているときは、手法を守れなかったりチャートの細かい見落としがあって分析が不十分だったりして、後から見ると簡単な相場に見えるのに不思議と負け越してしまうのです。

でも、毎日取引画面を見ていると最近は想定外の値動きがあっても手法を崩さずにFXができるようになったので、大負けに直結するほどの精神状態にはならなくなったからぼちぼち稼ぐこともできています。

スワップポイント狙いは可能か?

FXの魅力と言われている「スワップポイント」(=金利)で利益を得ることは可能なのでしょうか?

私は南アフリカランド/円・オーストラリアドル/円・ニュージーランドドル/円・ユーロ/オーストラリアドル・
オーストラリアドル/米ドル・ニュージーランドドル/米ドルの計6通貨ペアで、
買いポジションによる金利収入を狙いに行きましたが、商品価格・原油価格の下落などが理由で、
著しく為替差損が発生してしまい、毎日ほんの少しの金利収入を得るような余裕が無くなり、
ポジションを全て損切りしました。

確かに過去のチャートを見ると、恐らく数ヶ月後or数年後には元の為替レートまで戻るのでしょうが、
とても待っていられません。

毎日毎日為替レートがマイナスになっていくのを見ると、夜も眠れません。
よくヘッジファンドなどが高金利通貨と低金利通貨とのキャリートレードを行っていると、
ヘッドラインニュースに流れますが、どのようにして利益を出しているのでしょうか?とても知りたいです。

移動平均線を使って逆張りでFXトレード

私はFXで少しでも勝てるようにと思い金融関連のさまざまなサイトをいつも見ているのですが、どこのサイトもたいていの場合は主に移動平均線を使った解説や分析を行っているから、私の取引手法も自然と移動平均線がメインのものになってきました。

短期の相場を見て逆張りを主体にした取引をしているからあまりトレンド系は重視していなかったけれど、多くのテクニカル分析の基礎ともいえますし誰もがチャートに表示しているものだから一本くらいは表示しないと心許ないと、その重要さを再認識させられたのです。

移動平均線はトレンドに乗ってFXをする人が使うのに向いているといわれているものの、チャートを見ていると逆張りの手法でも取引のサインがでやすいものだとわかってきたから、最近はオシレーターと同じくらい注目してエントリーの判断基準にしています。

特に線上で価格が反発したときなどは逆張りの絶好のタイミングと感じたので、チャートに勢いがなくなってきたら常に目を光らせていつでも取引注文のボタンを押せるように臨戦態勢を整えているのです。

勝率よりも利益の幅を重視してFX

経済に疎い私でもFXでプロ並みに稼ぐためには、結局のところ過去のチャートを分析して小さな点でも優位性を見つけて手法を作ることがとても大切なのだと、日々トレードをしていて実感します。

ちょっと前までは勝率にこだわりすぎていたこともあって目先の値動きを予想することしかできなかったから、最初に良いポジションを持っても時間が経てば経つほど状況が悪くなっていくので、今は勝率よりも一回の利益をできるだけ多くとることを心がけているのです。

そういう考え方に変えてみると結構FXの手法もがらっと変わってくるもので、勝率が低くなった分リスクが増えてしまったものの利益を得るときはドカンと入ってくるし、今では自然とトレンドフォローに近いスタイルになってきました。

平均利益がかなり上がってきたことで損失も許容できる幅に余裕があり、値動きが激しくて以前なら躊躇してしまうようなチャートでもそんなに迷わず勝負できるようになったから、大事な場面でチャンスを逃しにくくなってFXで稼ぐことも楽に感じてきています。

海外のFXについて

ははじめは国内のFX業者で口座を開いていましたが、海外の最大1000倍のレバレッジに惹かれ、海外の某FX業者に口座を開きました。

その業者は日本語サポートが充実しており、日本語スタッフとチャットで質問をしたり、電話予約をしたら日本語が話せるスタッフから電話がかかってきます(海外通話はお金がかかるので)。
また、出入金もクレジットカードのショッピング枠をつかって入金するので、海外送金といった面倒な手続きを必要ありませんでした。

ただ、レバレッジには気をつけて下さい。数十万、時には数百万が一時間もしないうちになくなって(溶けて)しまいます。
初心者の方はレバレッジを低くするか、国内の個人用口座の最大25倍のレバレッジで取引したほうが無難だと思います。
私など、わずか1時間ほどで700万程のお金を溶かしてしまいました。
自分を制御できない人、損切りができない人は十分注意して下さい。

以前のスイスフランのように何が起こるかわかりませんから。